English proverb 012

SPONSORED

English proverb 012

English proverb 012

 

 

 

試験に役立つかもしれない英語のことわざとその意味に関する情報を提供しています。

 

ヽ(o’∀`o)ノ

 

 

■役立ちそうな英語のことわざ

 

012. All is not gold that glitters.

 

 ↓
 ↓日本語では?
 ↓
 ↓
 ↓

 

012. 「光るもの必ずしも金ならず」

 

   (人はみかけによらぬもの)

 

 

 

■ここでは、部分否定について覚える!

 

「光っているからと言ってそれが金だと判断してはいけない」という意味。

 

 

別の解釈もあります。

 

「金でなければ光れないというわけでなない」

 

金色でなくとも自分だけの色で光ることが出来るという意味です。

 

 

さて、部分否定について覚えましょう。

 

否定語( not など)と特定の語が一緒に使われると、部分否定になります。

 

部分否定とは「必ずしも〜というわけではない、〜とは限らない」という表現のことを言います。

 

使われる語句により「すべてが〜というわけではない、〜とは限らない」という表現になることもあります。

 

 

否定語と共に使われる特定の語を覚えましょう。

 

例)

 

not all「全てが〜というわけではない」
not every 〜「全ての〜が〜というわけではない」
not both「両方とも〜というわけではない」
not always「必ずしも〜というわけではない」
not necessarily「必ずしも〜というわけではない」
not very「あまり〜ない」

 

など。

 

 

また本日のことわざの that は関係代名詞です。

 

先行詞は All ですが、このように先行詞から離れたところに関係詞が来ることがあります。

 

文の述語( is not gold )が非常に短い場合、このようになることがあります。

 

 

 

復習しましょう。

 

「光るもの必ずしも金ならず」.

 

 ↓
 ↓In English?
 ↓
 ↓
 ↓

 

(   )is not gold (   ) glitters.

 

 

 

次の英語のことわざに進む

 

 

English Provebs 11〜20に戻る

 

 

英語のことわざトップページに戻る

 

SPONSORED