ケータイ版最強の英文法

PR

時制-001


 

■Tense-001
●Choose the best answer.

 

001. The ice will melt if the temperature (   ).

 

(1) rose
(2) rises
(3) will have risen
(4) will rise

 

 ↓
 ↓選んだ?
 ↓
 ↓
 ↓

 

●Answer

 

001. (2) rises

 

「温度が上がると、氷は溶けるだろう」

 

時や条件を表す副詞節の中では、現在はっきりしていることは、現在形で表します。

 

--------------

 

【解説】

 

■時制-001
●適語選択

 

001. The ice will melt if the temperature (rises).

 

「温度が上がると、氷は溶けるだろう」

 

 

時や条件を表す副詞節の中では、現在はっきりしていることは、現在形で表します。

 

 

まず副詞節とは?

 

副詞の働きをする節。
副詞とは、名詞以外を修飾し、程度や様子を表します。
例えば、
He ran fast.
fast は ran (動詞)を修飾するので、副詞です。
「速く→走る」
また He ran.「彼は走った」でも文は成立します。
副詞は文の要素にはならない修飾語なのです。

 

さて次に節ですが、
節とは「2語以上のひとまとまりで、一つの品詞の働きをして、その中にS(主語)とV(動詞)を含む」ものを言います。

 

問題文の、
The ice will melt if the temperature (rises).
この文において、if the temperature rises は melt という動詞を修飾し、その中にS V を含むので、副詞節になります。

 

「温度が上がったら → 溶ける」

 

また、if the temperature rises がなくても文は成立します。
つまり、修飾語句であり、文の要素にはなりません。
だから、これは副詞節です。

 

そして「温度が上がれば、氷は溶ける」のであり、「温度が上がらなければ、氷は溶けない」。
現在はっきりしていることを述べているので、現在形で表します。
よって、答えは(2)の rises になります。

 

仮定法ではないので、過去形の rose は用いません。
「温度が上がるだろうなら」なんて、変な条件はないので、will も用いません。

 

しっかりと覚えておくことは

 

「現在はっきりしていることは現在形で表す!」

 

ということです。

 

次の問題に進む

 

「時制」の一覧に戻る

 

最強の英文法TOPに戻る

 

PR

page top