ケータイ版最強の英文法

本日の解説

 

昨日は夢にすぎず
明日は幻でしかない
今日を精一杯生きよう!

 

【解説】

 

☆接続詞-03
●適語補充

 

03. I'm fortunate in (that) I have so many friends.

 

「私は非常に多くの友達がいるから、幸せだ」

 

 

前置詞の後に that 節が来ることがある!

 

普通、前置詞の後には名詞か動名詞が来ます。
ですから that 節 ( that + 主語 + 動詞〜 ) は前置詞の目的語にはなりません。

 

 

しかし、例外的に that 節を取ることがあります。

 

in that S+V「〜という点で、〜だから」
except that S+V「〜という点を除けば」
worry about whether S+V 「〜かどうか(ということについて)心配する」

 

などは、前置詞の後に that 節(名詞節)を取ることができます。
特殊な用法なので、まとめて覚えておきましょう。

 

 

従属接続詞は、名詞節(名詞の働きをする文)と副詞節(副詞の働きをする文)を作ることができます。
名詞節を作る接続詞は非常に限られているので覚えましょう。
that「〜ということ」と wheter, if「〜かどうかということ」の3つです。

 

それ以外の従属接続詞は、副詞節を作ります。

 

whether も if も 「〜かどうか(ということ)」という意味があります。
しかし、両者には違いがあります。
その違いをはっきりと覚えましょう。

 

・whether S+V は主語になるが、if S+V はならない。
・whether S+V は前置詞の目的語になるが、if S+V はならない。

 

Everything depends upon whether you do your best.
「すべてはあなたが全力を尽くすかどうかで決まる」

 

 

・whether or not 〜はあるが、if or not 〜はない。

 

Whether or not the man wrote this letter has not been decided yet.
「その人がこの手紙を書いたかどうかはまだわかっていない」

 

or not は、whether 〜 or not と、後に置くこともできます。

 

覚えておきましょう。

 

 

if が「もし〜ならば、たとえ〜としても」という意味のときは、名詞節ではなく、副詞節となりますので、間違いのないようにしてください。

 

前回の問題・解説

 

 

 

人気の文房具

 

英会話教材使った感想

 

英会話を始めるのに最適の本

 

【関連サイト】

 

英文法単元別質問と回答

 

究極の英文法

 

 

最強の英文法TOPに戻る

 

page top