ケータイ版最強の英文法

PR

時制-002


 

■Tense-002
●Choose the best answer from the four choices.

 

002. The time will come when he (   ) what he has said.

 

(1) regret
(2) regrets
(3) regretted
(4) will regret

 

 ↓
 ↓選んだ?
 ↓
 ↓
 ↓

 

●Answer

 

(4) will regret

 

「彼が自分の言ったことを後悔するときがくるだろう」

 

名詞節や形容詞節の中では未来の内容は、will を用いて表します。

 

--------------

 

【解説】

 

■時制-002
●適語選択

 

002. The time will come when he (will regret) what he has said.

 

「彼が自分の言ったことを後悔するときがくるだろう」

 

 

名詞節や形容詞節の中では未来の内容は、未来形で表します。

 

まず名詞節とは、名詞の働きをする節のことを言います。
名詞は、主語や目的語や補語などの文の要素になるものです。

 

次に形容詞節とは、形容詞の働きをする節のことを言います。
形容詞は名詞を修飾します。

 

問題文において、when he (will regret) what he has said は The time という名詞を修飾しています。
「彼が自分の言ったことを後悔する」→「とき」となり名詞を修飾するので、形容詞節になります。

 

節とは、「2語以上のひとまとまりで、一つの品詞の働きをして、その中にS(主語)とV(動詞)を含む」ものを言います。

 

形容詞節においては、未来の内容は will を用いて表すので、will regret が正解となります。

 

 

さて、時制-21 の副詞節では、will を用いず、現在形を使いました。
時制-22 の形容詞節では、will を用いました。
その違いは何なのでしょうか?

 

 

両者には「内容が現在確定しているか、確定していないか」という違いがあります。
これがポイントです。

 

現在確定していることは、現在形で表すし、確定していないことは、will を用いて表します。
これは話している人の判断によります。
結局、現在はっきりしていることは現在形で、現在はっきりしていないことは will を用いて表現しているだけのことなのです。

 

いちいち外国人が、副詞節だとか形容詞説だとか考えながら話をしているはずがありませんからね。

 

 

次の問題に進む

 

「時制」の一覧に戻る

 

最強の英文法TOPに戻る

 

PR

page top