ケータイ版最強の英文法

否定-001


 

■Negation-001
●Fill in the blank so that the two sentences mean the same.

 

001. Not all of the members attended the meeting.
= (   ) of the members were absent from the meeting.

 

 ↓
 ↓埋めた?
 ↓
 ↓
 ↓

 

●Answer

 

001. Some

 

「メンバー全員が会議に出席したわけではなかった」
=「メンバーの何人かが欠席した」

 

部分否定とは何か?

 

----------

 

【解説】

 

■否定-001
●適語補充同意文

 

001. Not all of the members attended the meeting.
= (Some) of the members were absent from the meeting.

 

「メンバー全員が会議に出席したわけではない」
=「メンバーの何人かが欠席した」

 

all が否定語( not など)といっしょに用いられると部分否定となります。
否定語は all の前に置かなければなりません。
部分否定は「〜というわけではない」とか「〜とは限らない」と訳します。

 

それに対して「全て〜ない」という表現は全否定となります。
全部否定とか全体否定とも呼ばれています。

 

 

本日は、部分否定になるものを覚えましょう!

 

not all「全てが〜というわけではない」
not every 〜「全ての〜が〜というわけではない」
not both「両方とも〜というわけではない」
not always「必ずしも〜というわけではない」
not necessarily「必ずしも〜というわけではない」
not quite「まったく〜というわけではない」
not altogether「まったく〜というわけではない」
not completely「完全に〜というわけではない」
not entirely「完全に〜というわけではない」

 

などがあります。
訳し方に注意してください。

 

 

全否定にしたい時は、全否定を作る語を使います。
(例)None of them passed the exam.
「彼らのだれも、試験に受からなかった」

 

これは、また次回詳しくお伝えします。

 

次の問題に進む

 

「否定」の一覧に戻る

 

最強の英文法TOPに戻る

 

page top