be動詞

be動詞の区別の再確認

be動詞の区別の再確認

 

定期テストの結果はどうでしたか?

英語の資格テスト結果はどうでしたか?

残念な結果に終わった方は、しっかりと復習をしましょう。



さて、話を be動詞にもどします。

 

何度でも言います。



be動詞( am, is, are )の区別です。



主語が複数形のとき、be動詞は are です。


主語が単数形のとき、be動詞は is です。


I と you は例外で、I am 〜. You are 〜. になります。





主語とは「〜は、〜が」に当たるものです。

「〜も」と訳すこともあります。



複数形とは「二人(二つ)以上のもの」を言います。

単数形とは「一人(一つ)のもの」を言います。




あなたが覚えてくれるまで、何度でも言います。

100回でも言います。





あれだけ言ったのに、定期テストでぼろぼろ間違えてしまったあなた。

本当に自分で理解して、be動詞を使い分けていますか?





確認です。


【問】 以下の(  )内に、am, is, are の内、適するものを入れなさい。


1.Tom and Jerry (  ) good friends.
2.Andy (  ) a student.
3.I (  ) happy.
4.You (  ) a teacher.




【答】


1.are  2.is  3.am  4.are


主語「〜は、〜が」をチェックすれば、be動詞は決まりますね。



主語が二人(つ)以上なら、 are

主語が一人(つ)なら、 is



I と you は例外で、I am 〜. You are 〜.






覚えましょう。



------------------



もう少しレベルの高い「受験英語」をお望みの方は、こちらをおすすめします。


  ↓

「最強の英文法・ブログ」


「究極の英文法」


 

 

 次のSTEPに進むSTEP9 疑問文「〜ですか」

 

「受験英語基礎の基礎」のTOPに戻る

 



PR

関連ページ

be動詞の区別
このサイトは受験英語が得意になるサイトです。 あなたの受験英語の成績を上げることを目的としています。
ただし、英文法の基礎の基礎を学びます。
be動詞の区別の確認
このサイトは受験英語が得意になるサイトです。 あなたの受験英語の成績を上げることを目的としています。
ただし、英文法の基礎の基礎を学びます。