be動詞

be動詞の区別の確認

be動詞の区別の確認

 

be動詞の現在形は、覚えましたか。

 

am, is, are でしたね。

 

 

では問題です。

 

代表的な表現を、英語で言ってみましょう。

 

 

1.私はメアリーです。

 

2.あなたは学生です。

 

3.彼はサッカー選手です。

 

 

英語で言えましたか?

 

 

 

 

 

主語が複数形のとき、be動詞は、are です。
主語が単数形のとき、be動詞は、is です。

 

I と you は、例外です。

 

 I am 〜. 「私は〜です」

 

 You are 〜. 「あなたは〜です」

 

 

( I は、単数形だけど am を取り、you も単数形だけど are を取る)

 

 

 

主語というのは、「〜は、〜が」に当たるものですね。
「〜も」となることもあるので、注意です。

 

 

複数形というのは、「2人以上、2つ以上のもの」を指します。
単数形というのは、「1人、1つのもの」を指します。

 

 

そして、重要なことは…

 

英語は語順が重要。
日本語と英語の語順は違う。

 

英語は、まず主語と動詞を考える。

 

 

 

 

 

では、解答です。

 

 

1.I am Mary.

 

2.You are a student.

 

3.He is a soccer player.

 

 

合ってましたか?

 

 

人の名前の前には、a を付けません。 → Mary

 

数えられる名詞(ものの名前)の前には、a を付ける。 → a student

 

ここまでは、前回の復習です。

 

 

さて、再確認です。

 

主語が複数形のとき、be動詞は、are です。

 

 

主語が単数形のとき、be動詞は、is です。

 

 

I と you は、例外です。

 

 I am 〜. You are 〜. で表します。

 

 

絶対に覚えましょう。

 

 

 

もう少しレベルの高い「受験英語」をお望みの方は、こちらをおすすめします。

 

  ↓
「最強の英文法」

 

「究極の英文法」

 

 

 

 次の記事に進む

 

「受験英語基礎の基礎」のTOPに戻る

 

 

 

PR

関連ページ

be動詞の区別
このサイトは受験英語が得意になるサイトです。 あなたの受験英語の成績を上げることを目的としています。
ただし、英文法の基礎の基礎を学びます。
be動詞の区別の再確認
このサイトは受験英語が得意になるサイトです。 あなたの受験英語の成績を上げることを目的としています。
ただし、英文法の基礎の基礎を学びます。