受験英語基礎の基礎

STEP8 be動詞

STEP8 be動詞

 

英語の語順を覚えるときに、特に重要なのが主語と動詞です。

 

動詞の中でも特に特殊な働きをするのが、be動詞です。

 

そんな be動詞を完全に理解しましょう。

 

 

 次の記事に進む

PR

STEP8 be動詞記事一覧

be動詞の区別be動詞の現在形は、3つあります。覚えてますか?am, is, are ですね。順番は自分の好きな順でいいので、とにかくこの3つを覚えましょう。今日、覚えるのは、be動詞の区別です。私がおすすめするのは、主語による分類です。主語で分類するのは、当たり前ですね。当たり前ですが、以下の分類が一番わかりやすいので、おすすめします。主語が複数形のときは、are を取る。主語が単数形のときは、...

be動詞の区別の確認be動詞の現在形は、覚えましたか。am, is, are でしたね。では問題です。代表的な表現を、英語で言ってみましょう。1.私はメアリーです。2.あなたは学生です。3.彼はサッカー選手です。英語で言えましたか?主語が複数形のとき、be動詞は、are です。主語が単数形のとき、be動詞は、is です。I と you は、例外です。 I am 〜. 「私は〜です」 You are...

be動詞の区別の再確認定期テストの結果はどうでしたか?英語の資格テスト結果はどうでしたか?残念な結果に終わった方は、しっかりと復習をしましょう。さて、話を be動詞にもどします。何度でも言います。be動詞( am, is, are )の区別です。主語が複数形のとき、be動詞は are です。主語が単数形のとき、be動詞は is です。I と you は例外で、I am 〜. You are 〜. ...