英文の語順を覚えよう

主語が来たら動詞

英文の語順を覚えよう その2

 

いよいよ be動詞を攻略していくことにします。

 

その前に、復習です。

 

 

英語は語順が重要です。

 

そして、英語と日本語は語順が違います。

 

 

その語順を考えるときに、英語では、特に主語と動詞が重要です。

 

主語を置いたら、次に動詞を持ってきましょう。

 

常に主語と動詞を考えるようにしてください。

 

例えば、

 

「私は学生です」

 

I am a student.

 

この文において、主語とは「〜は、〜が」に当たるものです。
つまり、I 「私は」が主語です。
そして、am「〜です」というのが動詞です。

 

I am 「私は、です」と、とにかく置くのです。
そして、後に私が何であるかを言います。
とにかく、I am 「私は、です」と言いましょう。
そして、後に、a student「学生」を持ってきます。

 

 

さて、ここで、am は、動詞だと言いましたが、これは動詞の中でも特別なものです。

 

be動詞と言います。

 

もともとの形が、be なので、be動詞と呼びます。

 

 

今日、覚えるべき文は、

 

I am 〜. 「私は〜です」

 

です。

 

 

さらに、もう一つ覚えましょう。

 

You are 〜. 「あなたは〜です」

 

You are a student too.

 

「あなたも学生です」

 

 

主語は、「〜は、〜が」と言いましたが、このように「〜も」となることもあるので、注意しましょう。
too は、「〜も」という意味の単語です。

 

 

そして、もう気付いたと思いますが、I am だったのが、You are になっています。
You am には、なりません。
I のときは、am で、you のときは、are なのです。

 

つまり、主語によって、be動詞は異なります。

 

 

最後にもう一つ覚えましょう。

 

He is 〜. 「彼は〜です」

 

He is a teacher.

 

「彼は先生です」

 

he「彼は」が主語で、動詞は、is「です」。

 

 

以上で、be動詞の現在形が出そろいました。

 

be動詞の現在形は、am, are, is の3つです。

 

 

今日のおさらいです。

 

英語は語順が重要。

 

とにかく、まず主語と動詞を考える。

 

 

まずは、以下の文を覚えましょう。

 

I am 〜. 「私は〜です」
You are 〜. 「あなたは〜です」
He is 〜. 「彼は〜です」

 

 

be動詞には、am, are, is の3種類がある。

 

 

 

 

新しい単語が出てきたら、どんどん覚えましょう。

 

読みがわからないときは、ネットで調べれば、音声を聞くことができます。

 

おすすめは、goo 辞書です。

 

例えば、teacher がわからないときには、goo辞書で、検索窓に teacher と打ち込みます。

 

goo辞書 → http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/ej3/84732/m0u/teacher/

 

そして、「音声再生」のマークを押すと、発音してくれます。

 

 

 

もう少しレベルの高い「受験英語」をお望みの方は、こちらをおすすめします。

 

  ↓
「最強の英文法」

 

「究極の英文法」

 

 

 

 次のSTEPに進む

 

「受験英語基礎の基礎」のTOPに戻る

PR

関連ページ

英語は語順が大切
このサイトは受験英語が得意になるサイトです。 あなたの受験英語の成績を上げることを目的としています。
ただし、英文法の基礎の基礎を学びます。