英文を覚えよう

注意点

文を覚えよう その2

 

 

「私は〜です」

 

「あなたは〜です」

 

覚えました?

 

 

I am 〜.
(短縮形 I'm 〜.)

 

You are 〜.
(短縮形 You're 〜.)

 

でしたね。

 

 

【例文】

 

I am Yamada Taro.
「私は山田太郎です」

 

いくつかのルールがあります。
このルールを徹底的に覚えましょう。

 

 

1・文の初めは大文字で始める。

 

ただし、【例文】の I は、常に大文字で表します。
I と you は特別と言いましたが、I は特に別格です。

 

文の途中に出てきても大文字です。
また、I は「私は」という意味です。
「私+は」では、ありません。
I = 私は なのです。

 

いずれにせよ、I は特別な単語です。

 

人間は、自分のことばかり考えています。

 

たとえば、自分も含めてクラスのみんなが写った集合写真があったとします。
一番最初に探すのはだれでしょう?

 

自分ですね。

 

そして、「わあ、これ写りが悪い」とか、あれこれ思うわけです。
要するに程度の差はあるけれども、みんな「自己中」なわけです。
だから、あなたのことを思いやってくれる人って、すばらしい人です。
また、相手のことを思いやることができるようになったら、あなたも人間として成長したということです。
話がそれてしまいました。
申し訳ありません。

 

 

2.単語と単語の間は、1文字分あける。

 

何度言っても、続けて書く人がいます。

 

I am a student. を
iamastudent. と書くんです。

 

言語と言うのは、相手に何かを伝えるための道具です。
ルールを無視すれば、伝えたいことも相手には伝わりません。

 

何度言っても書けない人は、相手に対する思いやりのない人です。
人間としても、レベルが低く見られますよ。

 

 

3.文の終わりには、ピリオドを打つ。

 

ピリオドとは、文の最後の黒丸です。「.」ですね。
日本語の「。」にあたります。

 

これは、忘れる人が多いです。
私もよく忘れていたので、あまり偉そうなことは言えません。

 

ピリオドがない文は、だらしなく見えます。
例えば、ウンチをしてお尻をふかないぐらいだらしないです。

 

例えがよくなかったですね。

 

だから、最初は特に意識して、グルグルっと丸を書くぐらいでいいです。
でかすぎるのもおかしいです。
日本語の丸(句点)を塗りつぶすぐらいがいいです。
特に中1の最初のテストのときは、はっきりとわかるピリオドを書きましょう。

 

慣れてきたら、軽く点を打つ感じでいいようになります。
少なくとも半年は、意識して大きめのピリオドを打ちましょう。

 

 

さて、文を書くときの注意点を3点挙げました。
覚えていますか?

 

1・文の初めは大文字
2・単語と単語の間をあける
3・文の終わりにピリオド

 

 

 次の記事に進む

 

「受験英語基礎の基礎」のTOPに戻る

PR

関連ページ

とにかく主語と動詞
このサイトは受験英語が得意になるサイトです。 あなたの受験英語の成績を上げることを目的としています。
ただし、英文法の基礎の基礎を学びます。
続・注意点
このサイトは受験英語が得意になるサイトです。 あなたの受験英語の成績を上げることを目的としています。
ただし、英文法の基礎の基礎を学びます。