受験英語基礎の基礎

what を用いた疑問文

疑問詞を用いた疑問文

 

オッハーです。

 

疑問文の作り方は、覚えましたか。

 

大きく分けると、2つありました。

 

一つは、be動詞を用いた文の疑問文です。
be動詞のある文は、be動詞を文頭に出します。

 

 

This is a rabbit.
「これはうさぎです」

 

  ↓

 

Is this a rabbit?
「これはうさぎですか」

 

be動詞には、am, is, are がありましたね。

 

be動詞のある文は、be動詞を文頭に出す!

 

 

 

もう一つは、一般動詞を用いた文の疑問文です。
一般動詞のある文は、do や does を文頭に出します。

 

 

You have an orange.
「あなたはオレンジを持っています」

 

  ↓

 

Do you have an orange?
「あなたはオレンジを持っていますか」

 

 

 

He likes music.
「彼は音楽が好きです」

 

  ↓

 

Does he like music?
「彼は音楽が好きですか」

 

 

do と does は何で区別していますか?

 

主語(〜は、〜が)で区別しましたね。

 

主語が、単数形(一人、一つ)の時には、does を用います。
主語が、複数形(二人以上、二つ以上)の時には、do を用います。

 

ただし、I と you の時は例外で、Do I 〜? Do you 〜? です。

 

 

一般動詞のある文は、Do 〜? Does 〜? で始める。
動詞は必ず原形にします。
likes → like になっていますね。

 

 

 

これらを用いて、今日は、what を用いた疑問文を覚えましょう。

 

That is a school.
「あれは学校です」

 

この文で、a school の部分がわからないとします。

 

That is ( ? ). 
「あれは ( ? ) です」

 

この ( ? ) の部分をたずねたいときは、日本語でどう言いますか?

 

 

「あれは何ですか」
こう聞けばいいですね。

 

その「何」にあたる語が、 what です。
what は、文の最初に置きます。
「何?」と聞きたいときは、必ず what を文頭に持ってきます。

 

そして「あれは何ですか」というのは、疑問文ですので、what の後は、疑問文の形にします。

 

What is that?

 

that is → is that という疑問文の語順になっていますね。

 

そして、what で始まる疑問文は読むときに注意点があります。

 

what で始まる疑問文は下げ調子で読むということです。

 

What is that?  ↓(下げて読む)

 

ですね。

 

 

 

次に一般動詞を用いた文です。

 

I want a bike.
「私は自転車がほしい」

 

a bike がわからないとします。

 

I want ( ? ).
「私は( ? )がほしい」となります。

 

 

「あなたは何がほしいのですか」
こう聞きたいときは、英語で何と言いますか。

 

What do you want?

 

「何?」と聞きたいときは、what を文頭におきます。
what の後は、疑問文の形でした。

 

you want → do you want ですね。

 

そして、what で始まる疑問文は下げ調子で読みます。

 

What do you want?  ↓(下げて読む)

 

ですね。

 

 

そして、主語が3人称単数形の場合。

 

She has rice for breakfast.
「彼女は朝食にご飯を食べます」

 

この rice 「ご飯」がわからないとします。

 

She has ( ? ) for breakfast.
( ? ) を聞きたいときは…?

 

What does she have for breakfast?
「彼女は朝食に何を食べますか」
文の終わりは下げ調子で読んでますか。

 

 

「何?」と聞きたいときは、what を文頭におきます。
what の後は、疑問文の形でした。

 

she has → does she have ですね。

 

主語が単数(一人、一つ)のときは、does を用いて疑問文を作ります。
そして、動詞は必ず、原形に戻します。
have, has 「〜を持っている、〜を食べる」の原形は、have ですね。

 

疑問文では(does を用いると)、has → have に変わっています。

 

 

練習です!

 

次の日本語を英語に変えてください。

 

1.「あなたの好きな科目は何ですか」

 

    ↓
    ↓
    ↓

 

What's your favorite subject?

 

be動詞を用いた文です。
読み取りましたか。

 

主語は、your favorite subject「あなたの好きな科目は」です。
what is は、短縮形の what's にします。

 

 

2.「彼は放課後に何をしますか」

 

    ↓
    ↓
    ↓

 

What does he do after school?

 

一般動詞を用いた文です。
do は「〜をする」という意味を持つ一般動詞です。
after school は「放課後」という意味です。

 

 

 

今日のまとめです。

 

「何?」と聞きたいときは、what を文頭に置く。
what の後は、疑問文の形。
what で始まる疑問文は下げ調子で読む。

 

 

 

 

 

 

もう少しレベルの高い「受験英語」をお望みの方は、こちらをおすすめします。

 

  ↓
「最強の英文法」

 

「究極の英文法」

 

 

 次の記事に進む

 

「受験英語基礎の基礎」のTOPに戻る

PR