否定文「〜ではありません」

be動詞を用いた文の否定文

さて、今日は否定文「〜ではありません」という文を覚えます。

 

日本語では、「〜ではありません」と、文を否定するときはどう言いますか。
例えば、次の文を日本語で、否定文にしてみましょう。

 

「私の父は医者です」

 

    ↓
    ↓否定文にする。
    ↓

 

「私の父は医者ではありません」

 

「です」を「ではありません」にすればいいですね。

 

では、英語では、どうなるのでしょう。
英語では、動詞を打ち消すことによって、否定文を作ります。
not という語を使って、動詞を打ち消します。

 

My father is a doctor.
    ↓
    ↓否定文にする。
    ↓
My father is not a doctor.

 

be動詞の直後に not を置けば否定文になります。
簡単ですね。
そして、is not は、isn't という短縮形になります。

 

My father isn't a doctor.

 

be動詞が am のときは、am not とします。
ただし、amn't という短縮形はありません。
その代わり、I am は、I'm という短縮形になります。
I'm not a doctor.

 

be動詞が are のときは、are not とします。
そして、are not は、aren't という短縮形になります。
You aren't a doctor.

 

be動詞のある文を否定文にするときは、
am not、is not(または isn't )、are not(または aren't )にする。

 

覚えましたか?

 

 

 

もう少しレベルの高い「受験英語」をお望みの方は、こちらをおすすめします。

 

  ↓
「最強の英文法」

 

「究極の英文法」

 

 

 次の記事に進む

 

「受験英語基礎の基礎」のTOPに戻る

 

PR